足関節

内側縦アーチの機能と構造

内側縦あーち

足部は、歩行などで唯一地面に接している部位です。

そのため、足部を評価することは、かなり重要になります。

 

足部で重要なものの一つとして、

内側縦アーチがあります。

いわゆる、土踏まずですね。

 

内側縦アーチの基本的なところとして、

構造、アーチが機能するために重要な筋肉は、知っておく必要があります。

アーチが崩れることによってどのような障害につながるのかということも知っておくと、臨床において役立ちます。

 

では、

内側縦アーチの機能と構造について解説してきましょう。

 

構成要素

内側縦アーチ

内側縦アーチは、

足部の内側で後足部から前足部に向けてできるアーチです。

 

内側縦アーチは、

静的支持機構として、靭帯

動的支持機構として、筋肉

によって保持しています。

 

つまり、

靭帯は力が加わっていないときアーチを保持する役割を担っています。

また、

筋は、荷重時など負荷がかかった時にアーチを保持する役割を担っています。

 

 

なので、

靭帯を損傷すると、力が加わっていない状態でもアーチが崩れます。

筋肉が弱化したり、柔軟性が低下することで、荷重がかかった際にアーチを保持することができず、崩れてしまします。

そうやって、

アーチが崩れた状態でいると前足部や膝関節への負担が大きくなり、2次障害につながることがあります。

 

なので、まずは、

内側縦アーチを構成する要素を見ていきましょう。

構成する骨

内側縦アーチは、

踵骨 ー 距骨 - 舟状骨 - 内側楔状骨 - 第一中足骨

によって構成されています。

 

ここでポイントなのが、

舟状骨がアーチのトップ。

内側縦アーチを見るときは、

舟状骨がトップにあるかどうかを見てみてください。

 

構成する靭帯

内側縦アーチの保持に重要な靭帯は、

バネ靭帯(低側踵舟靭帯)、長・短足底靭帯、足底腱膜

この3つの靭帯による保持が大きいです。

 

これらの靭帯の影響については、下のように示されています。

このように、

内側縦アーチを保持するのに足底腱膜が最も関与している靭帯なんです。

 

構成する筋

内側縦アーチを構成する筋は、

外在筋

  • 後脛骨筋
  • 前脛骨筋
  • 長趾屈筋
  • 長腓骨筋

 

内在筋

  • 母趾外転筋
  • 短趾屈筋

 

外在筋 と 内在筋のどちらも内側縦アーチの保持に重要です。

どちらも知っておく必要があります。

内側縦アーチの低下による障害

内側縦アーチを保持する機能が低下し、過剰にアーチの低下がみられると

いわゆる

偏平足になります。

 

偏平足までいかなくても、内側縦アーチが過剰に低下すると

下のような、身体への負担や不安定性がみられるようになります。

 

  • 前足部への負担増加
  • 歩行時のMStの不安定性
  • 下腿の内旋ストレスの増加  など

 

このような、身体への負担がみられることによって

様々な障害へとつながります。

 

内側縦アーチの低下による障害としては、下のようなものがあります。

内側縦アーチ低下による障害

  • 前足部の障害(外反母趾、中速骨頭部痛 など)
  • 足底腱膜障害
  • 後脛骨筋腱炎
  • シンスプリント        など

 

このような障害がある場合は、内側縦アーチを見ておく必要がありますね!

 

内側縦アーチの低下に対するアプローチ

 

後脛骨筋に対するアプローチ

まずは、

後脛骨筋の解剖学!

後脛骨筋

 

後脛骨筋の重要な機能として、

荷重時に内側縦アーチの低下を防ぐ機能があります。

 

歩行では、

IC~LRで、衝撃吸収のため、アーチが低下する役割がある。

その際に、後脛骨筋は遠心的に働き、IC~LRでのアーチの低下を制動する機能があります。

 

さらに、

TSt~PSwにかけて距骨下関節の内返しにより足部の剛性を高め、推進力を生みだします。

この時も、足部の内返し作用のある後脛骨筋が働き、足部の剛性を高めるために機能します。

 

つまり、歩行時に後脛骨筋は、

内側縦アーチの制動 と 足部の剛性を高める機能

の2つを担っています。

 

内側縦アーチが低下すると後脛骨筋には、どうなるでしょうか?

 

内側縦アーチが低下すると

内側縦アーチの制動を行う際、過剰な遠心性作用が常に加わり、負担が増加します。

この後脛骨筋に対する、 過剰な負担により、後脛骨筋腱炎や後脛骨筋腱の変性が生じます。

成人における後天的な偏平足の原因として、最も多いのが後脛骨筋腱の機能不全であり、約80%の症例に見られる。

Yao K,et al:Posterior Tibialis Tendon Dysfunction: Overview of Evaluation and Management. 38(6):385-91.2015

このような報告もあります。

 

つまり、

内側縦アーチの低下により後脛骨筋の機能不全がみられることが多い

ということです。

 

後脛骨筋のアプローチ

①足部の内転運動(後脛骨筋の単独収縮)

②足部30°内転位でのカーフレイズ

カーフレイズ

足部の向きによって、活動する筋が異なります。

目的によって、足部の向きを変えるとより、効果的な運動となります。

 

 

長趾屈筋に対するアプローチ

まずは、

長趾屈筋の解剖学!

長趾屈筋

 

長趾屈筋は、

荷重時に等尺性収縮することで内側縦アーチを保持する役割を担っています。

 

そのため、

内側縦アーチの保持として、長趾屈筋も大きな役割を果たしています。

 

長趾屈筋のアプローチ

①タオルギャザー(タオルを集まるように足趾の屈曲を行う運動。)

②足部30°内転位でのカーフレイズ

(後脛骨筋同様に、選択的に筋活動が高くなる)

 

内在筋に対するアプローチ

内側縦アーチを構成する筋は、

母趾外転筋 と 短趾屈筋。

母趾外転筋

【起始】屈筋支帯、踵骨隆起(内側突起)、足底腱膜

【停止】母趾基節骨底(内側)

【作用】母趾の屈曲・外転

短趾屈筋

【起始】踵骨隆起(内側突起)、足底腱膜

【停止】第2~5中節骨

【作用】第2~5趾の屈曲

 

外在筋と合わせて、内在筋もアーチの保持にかなり重要です。

内在筋の機能が低下すると、

代償として外在筋が過活動となり、アーチの変形に関与します。

 

なので、しっかり見ておきましょう。

特に、母趾外転筋!

 

偏平足では、母趾外転筋の萎縮がみられるとの報告あります。

そのため、

母趾外転筋を含めた、内在筋をしっかりと鍛える必要があります。

 

内在筋のアプローチ

①ショートフットエクササイズ

②母趾外転運動

 

まとめ

今回は、内側縦アーチの機能と構造についてまとめました。

 

内側縦アーチのポイントとしては。

  • 内側縦アーチの構造を理解しましょう。
  • 内側縦アーチの低下は、前足部障害、後脛骨筋腱炎などの下腿の障害につながる。
  • 内側縦アーチの保持には、後脛骨筋、長趾屈筋、母趾外転筋が重要である。

 

内側縦アーチを見る際は、今回の内容を参考にしてみてください!

 

最後まで読んできただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です