ピラティス

理学療法における『Joint by joint 理論』の考え方

Joint by joint 理論

関節には、それぞれ役割があることを知っていますか?

関節には、モビリティ関節とスタビリティ関節の2つの役割があります。それぞれの関節で主要な役割を担っています。

一つの関節がこの役割を果たせなくなると、

腰痛や変形性膝関節症(以下:膝OA)などの慢性疾患の原因になったりします。

臨床でも腰痛や膝OAなどの慢性疾患を患っている患者は、多いと思います。

そんな、患者を診るにあたって、Joint by joint理論は、有効です。

 

今回は、Joint by joint理論の考え方を用いて、各関節の役割を理解し、理学療法への活かし方をまとめていきましょう!

 

 Joint by joint理論とは?

Joint by joint theoryは、1990年代にアメリカの理学療法士のGray CookとストレッチングコーチのMichael Boyleの2人によって考えられた理論です。

 

Joint by joint theoryとは

関節にはとモビリティ(可動性)スタビリティ(安定性)の2つの機能がある。

各関節はそれぞれどちらかの主要な機能を持っている。

そして、人間の身体は、それらの機能が備わった関節が交互に積み重なっているという理論。

 

それぞれの関節の機能を図にして、わかりやすく見てみましょう。

青:モビリティ関節 赤:スタビリティ関節

 

モビリティ関節 スタビリティ関節

 

スタビリティ、モビリティの関係

では、それぞれの機能が低下するとどうなるのでしょうか?

それぞれの関節が主要な機能を担っているのは、身体が動くのに必要だからです。

 

なので、

一つの関節の機能が低下すると、前後の関節でその機能を補う。

それを臨床では、これを代償動作といいます。

 

・モビリティ関節の機能が低下→

スタビリティ関節が可動性を補う必要があります。安定性が低下し、必要以上に動く。

 

・スタビリティ関節の機能が低下→

モビリティ関節で安定性を補う必要があります。可動性が低下し、関節を固める。

 

この代償動作が起こることで、本来の関節の役割が果たせず、必要以上の機能が求められるため、関節にとって負担になります。

 

〈今回は、腰痛を例に少し説明していきます。〉

まず、ヘルニアなどの特定疾患がない、腰痛が発症する原因は、2つあります。

①腰椎のスタビリティの低下

②胸椎・股関節のモビリティの低下

 

代償動作による影響

①腰椎のスタビリティが低下

→胸椎・股関節に過剰な安定性が必要となり、モビリティとしての機能が低下してしまいます。

→動作の際、胸椎・股関節の可動性が低下しているため、腰椎を動かすしかなくなる。

→動作を行う際に代償動作として腰椎の過剰な動きが伴ってしまい、腰痛になってしまう。

 

②胸椎・股関節のどちらかのモビリティが低下

→胸椎・股関節の低下した可動性を腰椎で補う。

→腰椎への過剰に動くことにより、腰痛になってしまいます。

 

①②ともに腰椎に過剰な可動性が必要となっているという結果によって腰痛を発症します。

しかし、

①は、腰椎のスタビリティ低下が原因

②は、胸椎・股関節のモビリティ低下が原因となっています。

つまり、原因が異なるということです。

①が原因であるのか、②が原因であるのかによって、アプローチしなければならない部分が変わってくるので評価する必要があります。

次の項目で評価方法について説明していきます。

 

理学療法での評価・治療の考え方

上記項目で示した腰痛の例のように、結果に対する原因は、症状がみられる部分と隣り合う関節に見られます。

なので、

症状がみられる部分だけでなく、隣り合う関節の機能の評価は、重要

ということですね。

 

これまで、それぞれの関節によって主要な機能があると伝えてきましたが、

実際は、スタビリティ関節でも可動性は必要ですし、モビリティ関節でも安定性は必要です。

 

例として、

例①:体幹の運動の際の腰椎の動きです。腰椎はスタビリティ関節ですが、体幹の運動を行う際、腰椎も動く必要があり、腰椎を動かさず体幹を動かすことは困難です。

例②:股関節はモビリティ関節ですが、安定性がないとトレンデレンブルグ徴候などの代償動作がみられます。

 

なので、この理論における機能のとらえ方としては、

 

スタビリティ関節の役割とは、その関節の可動範囲内で安定性を保っていられること

モビリティ関節の役割とは、大きな可動性を有した状態で全可動域において力を発揮できること

 

であると私は考えています。

 

では、どちらの機能を優先して、評価、治療していく必要があるでしょうか?

 

モビリティファースト、スタビリティネクスト

 

つまり、

まず可動性を優先して改善し、その後安定性の獲得を図るという考え方があります。

なので、

まずは、可動域があるのかどうかを評価し、治療してから、安定性の評価、治療の順番に進めていく必要があります。

 

下記に簡単にこれらの機能の評価の仕方を記します。

〈評価する方法〉

まず、可動性の評価が必要なため、関節可動域(以下:ROM)の測定が必要です。

その後、運動療法を行ってもらい、スタビリティ関節の代償動作なく、モビリティ関節が全可動範囲を動かせるかを評価していきます。

ROMに制限がなく、代償動作がみられる場合には、スタビリティ関節の機能が低下していることが考えられます。

また、モビリティ関節が全可動域動かせない場合は、モビリティ関節の機能が低下していること考えられます。

 

(例:ブリッジに動作における、腰椎の前弯の代償が起こった場合の考え方。

骨盤が肩‐膝の直線より下までしか行かずに代償動作がみられる場合は、股関節のモビリティの低下が考えられる。

骨盤が肩‐膝の直線より上まで行き代償動作がみられる場合は、腰椎のスタビリティの低下が考えられる。)

 

まとめ

今回は、Joint by joint 理論についてまとめました。

この考え方で大事なポイントは、

要点まとめ

・関節はスタビリティ、モビリティのどちらかの主要な機能を有している。

・関節の機能の低下により、代償動作が発生し、慢性疾患の発症につながる。

・症状の見られる関節と隣り合う関節の評価が必要である。

・評価、治療する際は、モビリティファースト、スタビリティネクスト。

 

症状がみられる部分の治療から少し、目を広げることで、原因が見つかり、症状の改善につながってくると思います。

Joint by joint 理論は、効率よく人が動くために必要な理論です。

この理論に沿った運動療法を行うために有効であるのが

ピラティス

です。

今後、ピラティスについても投稿していくので、参考にしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です