足関節

外側縦アーチの機能と構造

外側縦アーチ

今回は、外側縦アーチについて!

足部のアーチで注目されやすいのは、内側縦アーチですよね。

 

でも、足部のアーチは、外側縦アーチ、横アーチもそれぞれ機能する必要があります。

 

なので、外側縦アーチの詳しく知っておく必要がありますよ。

 

では、外側縦アーチについて解説していきましょー!

 

構成要素

外側縦アーチ

 

外側縦アーチは、

足部の外側にあるアーチです。

 

構成する骨

外側縦アーチは、

踵骨 - 立方骨 - 第5中足骨

によって構成されています。

 

外側縦アーチでポイントとなるのが

立方骨が外側縦アーチのトップ。

外側縦アーチを見るときは、

まず、

立方骨がアーチのトップになっているか確認してみてください。

外側縦アーチが低下している場合は、触診にて立方骨が落ち込んでいることが確認できます。

 

骨の動きとして外側縦アーチには、

距骨下関節の動きが大きく関与します。

 

距骨下関節の動きによって、踵立方関節は、下記のように動きます。

距骨下関節:内返し → 踵立方関節:内返し、関節が固定される

距骨下関節:外返し → 踵立方関節:外返し、関節が緩む

 

さらに、

距骨下関節の内返しにより、踵立方関節の内返しが生じることで、

立方骨が降下し、外側縦アーチの低下がみられます。

leg heel angle

下腿に中央線 と 踵骨 がなす角度。

この2つの位置関係により距骨下関節が内返し・外返しかを評価する。

leg heel angle

構成する靭帯

外側縦アーチを構成する靭帯は、

前距腓靭帯、踵腓靭帯、二分靭帯、背側踵立方靭帯、長・短足底靭帯

 

これらの靭帯の損傷によって外側縦アーチの低下がみられます。

 

構成する筋

 

外在筋

  • 短腓骨筋
  • 長腓骨筋

 

内在筋

  • 小趾外転筋
  • 短趾屈筋

 

内側縦アーチと同様に

外在筋 と 内在筋のどちらも重要になります。

 

外側縦アーチの低下による障害

では、外側縦アーチが低下するとどのような障害につながっていくのでしょうか。

 

まず、外側縦アーチの低下によって、

  • 荷重下にて外側荷重
  • 足部の外側への圧が上昇
  • 歩行時の外側動揺     
  • 下腿の外旋ストレス増加   など

つまり、足部の外側への負担が大きくなります。

 

このような負担によって、以下のような障害につながります。

外側縦アーチの低下による障害

  • 腓骨筋腱炎
  • Jone’s骨折
  • 鵞足炎    など

 

これらに加えて、

外側縦アーチが低下することで、外側への荷重が増え、母趾への荷重が困難になります。

その代償として、怪獣かでリスフラン関節が外返しが起きることがあります。

リスフラン関節の過剰な外返しにより、内側縦アーチ、横アーチが低下し、アーチが崩れることがあります。

つまり、

外側縦アーチの崩れによって、内側縦アーチ、横アーチも崩れてしまう

ということです。

 

こう考えると、外側縦アーチは、絶対に見逃せないですね!

 

外側縦アーチの低下に対するアプローチ

長・短腓骨筋

まずは、

長腓骨筋 と 短腓骨筋の解剖!

長腓骨筋

 

短腓骨筋

 

長・短腓骨筋の働きとして、

歩行のMSt時に、距骨下関節を外返し方向に動かします。

それにより、足部の柔軟性を高め、衝撃吸収に関与しています。

 

クロスサポートメカニズム

足関節底屈時に後脛骨筋 と 長腓骨筋が協調的に働くことで足部の安定するというメカニズム。

後脛骨筋による内転作用 と 腓骨筋による外転作用

が協調的に働き足部が安定します。

 

腓骨筋は、Tstで足部を安定させることにも関与しています。

 

外側縦アーチが低下するとどうなるか?

外側縦アーチが低下することで、

腓骨筋による距骨下関節の外返し機能が低下し、衝撃吸収ができなくなります。

また、

外側へかかる負担が大きくなり、腓骨筋がブレーキ作用として、過剰な遠心性収縮が常に加わります。

 

この負担が常に加わることにより、

腓骨筋腱炎などの障害につながります。

 

長・短腓骨筋のアプローチ

①足部外転運動

②足部底屈・外返し運動

③足部30°外転位でのカーフレイズ(母指球への荷重を意識)

 

カーフレイズ

足部の向きによって、活動する筋が異なります。

目的によって、足部の向きを変えるとより、効果的な運動となります。

 

 

小趾外転筋

まずは、

小趾外転筋の解剖!

小趾外転筋

【起始】踵骨隆起、足底腱膜

【停止】第5趾の基節骨底(外側)

【作用】第5趾の外転・屈曲

 

外側縦アーチで重要な内在筋が小趾外転筋です。

 

外側縦アーチが低下すると、

小趾外転筋の柔軟性の低下や癒着が起きやすく、機能不全に陥りやすいです。

そのため、

小趾外転筋の柔軟性と機能の改善をしっかり行う必要があります。

 

高齢者で短趾屈筋、小趾外転筋の筋厚が有意な減少が認められた。

母趾外転筋、短母趾屈筋は、有意差が認められなかった。

(糟谷 明彦、加齢による足内在筋の筋厚の変化、第50回日本理学療法学術大会)

このような報告もあるため、

高齢者では、小趾外転筋の機能低下による外側縦アーチの低下が生じている可能性が高いです。

小趾外転筋のアプローチ

①第5趾の外転運動

②ショートフットエクササイズ

 

まとめ

今回は、外側縦アーチについて!

 

外側縦アーチのポイントは、

  • 外側縦アーチは、立方骨がトップ。
  • 外側縦アーチの低下によって足部の外側への負担が増加。
  • 外側縦アーチの保持には、長・短腓骨筋、小趾外転筋の機能が重要。

 

外側縦アーチを見る際は、今回の内容を参考にしてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です