足関節

横アーチの機能と構造

横アーチ

今回は、横アーチについて!

 

内側縦アーチ と 外側縦アーチについてまとめて、

最後に横アーチって感じですw

 

横アーチも足部で見ておかなければならない部分です。

 

では、横アーチについて解説していきましょー!

構成要素

横アーチ

 

足部の横アーチは、

①中足部後列 ②中足部前列 ③前足部

の3つの要素によって構成されています。

 

構成する骨

横アーチを構成する骨をまとめていきます。

中足部後列

舟状骨 ー 立方骨 (舟状骨がトップ)

 

中足部前列

内側・中間・外側楔状骨 ー 立方骨 (中間楔状骨がトップ)

 

前足部

第1~5中足骨頭 (第2中足骨頭がトップ)

 

この3つの横アーチが機能する必要があります。

 

構成する靭帯

横アーチを構成する靭帯をまとめていきます。

 

中足部横アーチ

背側楔状間靭帯、背側楔立方靭帯、底側楔状間靭帯、底側楔立方靭帯、

骨間楔状間靭帯、骨間楔立方靭帯、足底腱膜

 

前足部横アーチ

背側中根中足靭帯、底側中根中足靭帯、骨間中根中足靭帯、深層中足靭帯

足底腱膜

 

構成する筋

横アーチを構成する筋をまとめていきます。

外在筋

前脛骨筋、後脛骨筋、長腓骨筋

 

内在筋

母趾外転筋、母趾内転筋横頭、背側・底側骨間筋

 

このよう見ると、

横アーチに関与する筋は、内側縦アーチ、外側縦アーチに関与する筋でもあります。

そのため、

内側縦アーチ、外側縦アーチの影響を受けやすい。

 

横アーチが低下する原因

横アーチが低下する主な原因は、3つあります。

①ウインドラス機構の破綻

②外側縦アーチの低下

③靭帯・筋機能の低下

 

①ウインドラス機構の破綻

ウインドラス機構とは、

足趾を背屈させた際、足底腱膜や足趾屈筋腱の緊張が増加して、内側縦アーチの挙上を起こす作用です。

このウインドラス機構が 破綻することで、

内側縦アーチの挙上することができなくなり、内側縦アーチの過剰に低下してしまいます。

 

内側縦アーチが低下することで、前足部の柔軟性も増加し、

横アーチの低下につながります。

 

②外側縦アーチの低下

外側縦アーチが低下することで、

足部の外側への荷重量が増加し、小趾への負担が増加します。

それにより、

第5中足骨が外転位となり、前足部横アーチに影響します。

 

さらに、外側縦アーチが低下することで、

母趾側への荷重が困難となり、リスフラン関節の外返しの代償が起こります。

この代償が横アーチの低下につながり、さらに内側縦アーチの低下も引き起こします。

 

③靭帯・筋機能の低下

上記であげた、靭帯・筋によって横アーチは支えられているため、

これらの機能が低下することで、横アーチも崩れます。

 

特に後脛骨筋 や 長腓骨筋は、

内側縦アーチ、外側縦アーチの保持にも大きく関与してきます。

そのため、

内側縦アーチ、外側縦アーチが崩れることで

後脛骨筋や長腓骨筋の機能低下が起こることで、横アーチの低下も見られます。

 

横アーチの低下による障害

では、

横アーチが低下するとどうなるのでしょうか?

 

まず、

横アーチの主な役割は、荷重時の衝撃吸収です。

そのため、横アーチが低下することで、荷重時の衝撃吸収ができなくなります。

衝撃が吸収されないことによって、様々な関節での負担が大きくなります。

 

その中でも、足趾、特に第1・5趾列の負担が大きくなります。

なので、

外反母趾 や 内反小趾などの足趾障害につながってきます。

 

まとめ

今回は、横アーチについてまとめました。

 

横アーチを見るときのポイントは、

  • 横アーチを保持する筋は、内側縦アーチ、外側横アーチにも関与している。
  • 内側縦アーチ、外側縦アーチの低下によって、横アーチも影響を受ける。
  • 横アーチの低下は、外反母趾・内反小趾など足趾障害につながる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

横アーチに関与する、内側縦アーチ・外側縦アーチについては下記の記事をどうぞ。

 

内側縦アーチについての記事はこちら。

 

外側縦アーチについての記事はこちら。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です